ハガキ印刷の基礎を学ぶ

印刷の役立つ知識

クリエイティブ

ハガキに印刷といえば

ハガキの印刷と言えば、年賀状。毎年1回、年末になると日本中こぞってこの作業をしていると想像されます。昔は、手で書いたり、プリントごっこを使ったり、あるいは業者さんに依頼したりという方もいたと思いますが、今では自宅のプリンターで打ち出しという方も多いことでしょう。プリンターで打ち出しをするとき、気を付けなければいけないのは印刷の向きです。やってみてしまったとなったことは一度や二度ではないでしょう。表面と裏面、上下は毎回どっちがどっちか分からなくなりますね。正しい方法をメモしてプリンターに張っておけばいいのでしょうが、それも面倒なものです。各社のプリンターにわかりやすく表示されていればいいのに。

ビジネス目的に役立つプリント

ハガキというアイテムは、日頃の挨拶や特別な時期に使用される便利な存在です。ビジネスにおいても、情報を伝達する重要な道具ですから、様々な場面で活用される機会があります。その理由は、ハガキサイズの利便性と使い勝手で、コストを含めて優秀なアイテムだからです。サイズが固定されていますから、印刷を前提にデザインが起こし易く、定型化して流用する方法も行えるので、頻繁に利用する場合に役立ちます。また、カラーでは品質が重視出来ますし、モノクロを選べばコストダウンが実現します。カラーでも節約方法がありますから、印刷の品質が重視されない場合は使用するインクの量を減らすなど、目的に応じて柔軟に決められる点が優れます。

↑PAGE TOP

© Copyright ハガキ印刷の基礎を学ぶ. All rights reserved.